草木染ガイド目次へ戻る 

身近にあるいろんな草や木の種類と 媒染による色一覧    

  カ             
アーティーチョーク 

アイ(醗酵建て)

アイの葉

アイリス葉

アオキ

アオビユ

アカジソ

アカバナユウゲショウ

アカメガシワ

アカメモチ

アケビ

アシタバ

アジサイ

アメリカフウロ

アンズ

イタドリ

イヌマキ

イチジク

イチョウ

イヌガヤ

ウメ

ウメモドキ

ウワミズザクラ

エゴノキ

エダマメ

エノキ

エンジュ 葉

エンジュ 花

オリーブ

オオケタデ

オシロイバナ

オニノゲシ
カエデ

カキ

カツラ

カラスノエンドウ

カラムシ

カリン

キク

キクイモ

キツネノボタン

ギボウシ

キリ

キョウチクトウ

キンケイ

キンモクセイ

クサギ

クサノオウ

クスノキ

クズ

クチナシ

クヌギ

グミ

クララ

クリ

クリスマスローズ

クルミ

クロゴメ

クローバー

クワ

クワモドキ

ゲッケイジュ

ケヤキ

コクサアカソ

コゴメウツギ

コスモス

コノテガシワ

コバナガマズミ

コモンマロウ

コンフリー
サイカチ

サカキ

サクラ(ソメイヨシノ)

サクラ(ヤマザクラ)

ザクロ

ササ

サザンカ

サルスベリ

サンショウ

シモツケ

シラカシ

シロザ

シロダモ

シロヤマブキ

ジャノメギク

シャリンバイ

ジューンベリー

ジュズダマ

シュロ

スイバ

スギ

スギナ

;
ススキ

スイカズラ

スイセン

スモークツリー

セイタカワダチソウ

セイヨウニンジンボク

センダン

センダンクサ
タケ

タケニグサ

タラノキ

ダリア

ダンコウバイ

チカラシバ

チャのハ

ツキミソウ

ツツジ

トケイソウ

ドクダミ

トチ

ドウダンツツジ

トベラ
ナガミヒナゲシ

ナツツバキ

ナンテン

ニセアカシア

ニワトコ

ネコヤナギ

ネコジャラシ

ネズミモチ

ネム

ノイバラ

ノウゼンカズラ

ノブドウ
ハクウンボク

ハギ

バショウ

ハハコグサ

ハナゾノツクバネ
ウツギ


ハナミズキ

ヒノキ

ヒマワリ

ヒメヒオウ
ギスイセン


ヒメムカシヨモギ

ヒメジヨン

ビヨウヤナギ

ピラカンサ

ビワ

フェニックス

フェンネル

フキ

フジ

ブタクサ

ブタナ

ブットレア

ブナ

プラタナス

プラム

ブルーベリー

ヘクソカズラ

ホウ
マタタビ

マツ

マツヨイクサ

マルバウツギ

マユミ

ミズヒキ

ミズキ

ミツマタ

ミョウガ

ミント

ムクロジ

ムクゲ

ムラサキシキブ

ムラサキバレンギク

メタセコイア

メドウセージ

モチノキ

モナルダ

モモ

ヤグルマギク(ソウ)

ヤブマオ

ヤブガラシ

ヤマブキ

ヤマブドウ

ヤマボウシ

ヤマモモ

ユーカリ

ユキヤナギ

ユリ

ユリノキ

ユズ

ヨシ

ヨモギ




ラッカセイ

レンギョウ




ワラビ





只今188種


色見本に関わるすべてのページは、権利者の許可なしで無断で転載、複製することを禁じます。

使用したのは、柔らかい絹の布で、いずれも同じ大きさ。絹なので、下地なし。媒染剤の濃度は、いずれも1%(絹は、比較的良く染まるので、%の比率は、普通より少な目かもしれません)、(水990ccに 媒染剤10ccか 10グラム=1000リットルの水溶液)で均一。 植物の量は、水の割合とを合わせ、なるべく均一になるように努めた。パソコンへの取り入れは、 染付めた布を 画用紙に添付後、スキャナーにて とり入れ、実物と合わせながら 色調節をした。スキャナーの機種による性能や 開くパソコンの種の違いや 色調節の限界などが あると思いますが、一応の目安にして下さい。  8月から9月までの採集と 6月までぐらいしか葉がないものは 5月〜6月に染め、月をオレンジ色の字で記しています。もちろん季節によって 色味は 変わって行きますが 色味の系統は そんなに変わりません。 木綿は、下地をしないと染まらないので 木綿の色合いは載せていませんが ここに載せた絹より、少し白っぽい色味になるのが多いです。