メタセコイア    一覧へ戻る

アルミ  銅   鉄  石灰


メタセコイアスギ科の落葉針葉樹    アケボノスギ

各地で化石としてあったが、1946年に中国四川省で原生種が発見されたと広辞苑にある。生きている化石とも言われている。遠い昔から地球とともに生きている樹だ。一時は幻と言われていた樹が中国の深い森に生きていたなんて、ロマンを感じる。染め色は杉に似ている。材身は赤みがかっているはずだ。




アルカリ水で煮出し銅媒染
            雄花のメタセコイヤ。春咲くのに10月には、もうこんな蕾で。